藤が丘南口クリニック 泌尿器科・皮膚科・皮膚アレルギー科・性病科・内科

泌尿器科・内科

精巣上体炎

成人男性

精巣上体炎は、陰嚢内炎症性疾患の中で最も頻度が高い疾患です。症状としては、患部局所の発赤、腫張、疼痛、ならびに圧痛及び発熱を認めます。多くは大腸菌など一般細菌および、クラミジア、淋菌などが原因菌となります。治療としては抗菌剤の内服ですが、重症の場合は抗菌剤の点滴、時に入院も必要となります。また、安静と局所のクーリングが必要です。鑑別としては、精巣捻転症が最も大切で、この場合は緊急手術が必要となります。