藤が丘南口クリニック 泌尿器科・皮膚科・皮膚アレルギー科・性病科・内科

泌尿器科・内科

前立腺肥大症

成人男性

高齢男性に多く見られる疾患で、前立腺の内側(内腺)が肥大しはじめ尿道を圧迫し尿の出が悪くなったり、排尿時間が長くなったり、また、膀胱を刺激するので頻繁にトイレに行くようになります。原因は加齢や男性ホルモンのバランスが崩れるためと言われています。

 

どんな検査をするの?

直腸診

肛門から指を入れ、大きさや硬さ(固い場合は癌の疑いあり)を調べます。

尿流測定

トイレに向かって排尿し、尿の勢いを測る検査で、排尿状態を客観的に評価します。

超音波検査

前立腺の大きさや形、膀胱に残っている尿の量などを調べます。

PSA測定

PSA(前立腺特異抗原)を測り、癌の合併がないか調べます。

 

治療法

前立腺肥大症は良性の病気ですから、基本的には薬物治療を行います。薬物には、圧迫された尿道を広げる薬、α1遮断薬と、前立腺を縮小させる薬、抗男性ホルモン薬があります。薬物が無効の症例については、お腹を切らずに尿道から内視鏡を入れて電気メスで肥大した前立腺を切除する手術、TUR-Pをお勧めします。この場合は信頼できる関連病院を紹介させていただきます。