藤が丘南口クリニック 泌尿器科・皮膚科・皮膚アレルギー科・性病科・内科

泌尿器科・内科

前立腺がん

成人男性

前立腺がんは年々増加している病気で、50代から増え始めます。初期には、自覚症状はほとんどありません。がんが進行すると、頻尿、排尿困難、残尿感などの症状がみられます。また、骨に転移しやすいため、腰痛で発見されることもあります。

しかし、早く発見すれば根治術(手術療法・放射線療法)を行えますし、たとえ早期でなくても内分泌療法で9割が効果を得られます。

 

検査

前立腺がんの検査として、もっとも普及しているのがPSA検査で、血液を採るだけの簡単な検査です。PSAがある一定以上の高値を示すと、前立腺がんが疑われます(横浜市の検診でも希望者にPSA検査を行っております)。

PSAが高値の場合は前立腺生検が必要となります、50歳を過ぎたら、1年に1回はPSA検査をするようにしましょう。