藤が丘南口クリニック 泌尿器科・皮膚科・皮膚アレルギー科・性病科・内科

皮膚科・皮膚アレルギー科

粉瘤(アテローム)

その他

粉瘤・アテロームとは、わかりやすく言うと皮膚内にできる垢(角質)と脂の塊を持つ袋のことです。本来皮膚から剥がれ落ちるはずの垢と皮脂が、剥がれ落ちずに皮膚の下にできた袋の中に溜まってしまい、腫瘍になったものです。粉瘤・アテロームは、時間の経過と共にどんどん大きくなっていきます。というのも、剥がれ落ちた垢や皮脂は袋の外に排出されることはなく、溜まっていく一方だからです。粉瘤・アテロームとは、放っておけば徐々に大きくなっていくものなのです。

これは身体のどこにでもできる腫瘍なのですが、特に顔や首、背中、脇、耳、耳たぶなどにできやすいのが特徴です。塗り薬では治らないものなので、治したい場合は摘出手術が必要になります。腫瘍といっても良性なので切除しないでおくこともできますが、放っておくと大きくなったり、炎症を起こしたり、膿んだりする可能性がありますので、洋服が当たる場所や、目立つ部分は早めに切除しておいた方がよいでしょう。