藤が丘南口クリニック 泌尿器科・皮膚科・皮膚アレルギー科・性病科・内科

皮膚科・皮膚アレルギー科

帯状疱疹

ウイルス感染症

帯状疱疹は、水ぼうそうと同じウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)によって起こります。ほとんどの人が子供のときに水ぼうそうにかかりますが、このウイルスは、水ぼうそうが治っても神経節の中に潜んでいます。その後疲れが溜まったり、体の抵抗力が落ちたときにウイルスが再び暴れ出し、帯状疱疹として発症します。赤い発疹や水ぶくれは神経に沿って帯状に現れます。特に胸から背中、おなかなどによくみられます。そのほかにも顔や頭、手、足にもみられますが、一度に2カ所以上の部位にできることはほとんどありません。皮膚症状とともに、あるいは皮膚症状より先に痛みを生じますが、ときには、皮膚症状が治ってもしつこい痛みが残ることがあります。