藤が丘南口クリニック 泌尿器科・皮膚科・皮膚アレルギー科・性病科・内科

皮膚科・皮膚アレルギー科

ニキビ

細菌感染症

毛穴がつまり中に皮脂がたまっている面疱の状態にあるものと、そこに感染をおこして赤くなってしまっているものとでは、少し治療法が異なります。感染を起こしてしまっているものは、抗生剤の内服が必要な場合もあります。また、体質にあえば、漢方薬でも抗生物質と同程度の治療効果が出てくる場合もあります。面疱や、膿のたまっている状態のときは中に溜まっている皮脂や膿を圧出します。

上記の他に、ビタミンB2・B6・C・Eの内服や抗生物質外用剤・イオウのローションなどを組み合わせて治療を行います。また、ビタミンC誘導体ローションの外用により皮脂分泌を安定させ、色素沈着を防ぐことができます。ケミカルピーリングは、赤くなっている状態のニキビにも、ニキビ痕の改善にも効果的です。ケミカルピーリング効果のある石鹸や化粧水などの販売も行っています。

面疱タイプには角質を除去するタイプの外用剤を使用します。