藤が丘南口クリニック 泌尿器科・皮膚科・皮膚アレルギー科・性病科・内科

皮膚科・皮膚アレルギー科

トビヒ(とびひ)

細菌感染症

伝染性膿痂疹といいます。すり傷や虫さされ、あせも、湿疹などの傷口に皮膚に化膿菌が入り込んで水ぶくれができます。これはすぐに破けます。これをかきこわした手で、他の場所をかくと、そこにまた水ぶくれが”とびひ”します。夏に多い病気です。普通に皮膚に住んでいる菌ですが、気温が上がると、パワーアップして毒性を発揮するのです。

原因は皮膚に普段住みついているブドウ球菌や連鎖球菌という化膿するばい菌の感染です。他の菌の時もあります。最近、抗生物質が効きにくいMRSAという菌が増えてきています。(30~50%くらいあるといわれています。)一般的に大人になると、菌に対する抗体や抵抗力ができ子供に比べると広がりにくくなります。