藤が丘南口クリニック 泌尿器科・皮膚科・皮膚アレルギー科・性病科・内科

皮膚科・皮膚アレルギー科

タコ

その他

皮膚の下に骨などの硬いものがある部位に生じる限局性の角質増殖です。角質の増殖が皮膚の表面に向かい、自覚症状が乏しいという特徴があります。一定部位に長期間、間欠的に外力や摩擦(まさつ)などの機械的刺激が加わることにより生じてきます。足の骨の解剖学的異常、歩行の異常、窮屈(きゅうくつ)な靴やサンダルなどにより、足の一定部位に加重がかかることが誘因になります。スポーツ、職業、座る習慣(正座)などが原因になることもあります。

外力や機械的刺激が加わる部位に淡黄色・扁平(へんぺい)のやや楕円形の隆起した角質増殖性局面ができてきます。好発部は足底(とくに中足骨骨頭(ちゅうそくこつこつとう)付近)、足背、手のひらなどです。表面は淡黄色ですが、二次的に汚染されたり出血すると、褐色ないし赤色~黒灰色にもなります。軽い圧痛があり、亀裂(皮膚のひびわれ)が生じると痛みが強くなります