藤が丘南口クリニック 泌尿器科・皮膚科・皮膚アレルギー科・性病科・内科

皮膚科・皮膚アレルギー科

アトピー性皮膚炎

湿疹

生後2ヶ月くらいから始まり、顔・体・手足に広がり肘・膝の内側に治りにくい湿疹ができ、慢性に続くものです。小学校高学年ころから自然に軽快していく場合も多いのですが、大人になっても直らない人や社会にでてから発症してくる人もふえています。

遺伝的に皮膚の乾燥とバリアー機能の低下がありアトピー素因を持つ人に、汗やほこりの刺激、食事やダニのアレルギー、精神的・肉体的なストレスが悪化因子となって生じると考えられています。年齢によってかなり症状に変化があります。

治療は、保湿剤や炎症を抑える外用剤を使用します。症状によってはステロイドホルモン剤も処方します。一口にステロイドと言っても強さにはかなり幅があります。

症状や外用する場所に応じて強さを調節しながら使用していく必要があるため、 外用剤は指示通りに使用していただく必要があります。ステロイドの使用に関しては、お気軽にご質問いただければ随時お答えいたします。

また、痒みがある場合などは必要に応じて抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を使用します。アトピー性皮膚炎になる体質そのものをなくすことはできませんが、治療やスキンケアにより、よい状態にコントロールすることはできます。定期的に通院し、その時々の症状にあった治療を受けることが必要です。

わからないことや不安なことがあったら、相談していただき、納得して治療を受けていただければと思っています。